複数の才能を見つけて、ライフワークを生きる法2

才能について

わたしは子どもの頃、運動は得意だけど頭は普通。
特別な才能なんて何もない。

そんな風に考えていました。

それが大学時代のアルバイトで、仕事が大好きになり
商売人の才能が開花し、サポーターとしても活躍
教師になることを考え、教育者の才能も芽生えてきました。

 

会社では、教え方がうまいと褒められることも増えたり
得意先からも、「商品の説明がわかりやすい」
と言ってもらえました。

その反面、自己主張が強く、意見がぶつかる時も多くあり
説得できることもありましたが、嫌われることもありました。

現場で揉まれてるうちに、今までなかった才能が見つかったり
持ってた才能が磨かれることは、誰しもが体験したことでしょう。
ということは、やはりすべての人が何らかの複数の才能を持ち
それを磨きながら人生を生きている。

 

個人的には、そう信じています。

 

才能は人との出会いで見つかり。

才能は自分や他人が認めてあげることで見つかり

才能はまだ自分の中にたくさん埋もれている。

才能は使うことで磨かれ

才能は使わなければ、持ち主の人生を蝕む。

才能は世の中の資産。

 

才能は尽きることのない湧き水のように湧いてくるもの。
自分の過去の実体験から、そんなことを改めて感じました。

複数の才能のかけ算が、その人のワンアンドオンリーです。
世界でたったひとつのオリジナルブレンドがあなたです。

 

ネガティブに見えること、子どもの頃叱られたこと
その中にもその人の才能は隠れています。

例えばわたしの場合

「落ち着きがない」とよく言われました。

今探求者として、人間観察をしたり
世話する人として、お客さんのおもてなしをすることに
大いに役立っています。

子どもの頃

「うるさい」

とよく叱られた人は
伝えたいメッセージがあって
コミュニケーターの才能がある

でも叱られたことで、声を小さくし
才能を埋もらせてしまったかもしれません。

皆さんが自分でしまいこんだ才能はなんでしょうか?

想い出すことで、新しい人生が開けるかもしれません。

 

新しい扉を開ける勇気を、読者の皆さんにプレゼント!

 

それ出来たらいいな~(笑)

 

そんな夢を描いてみました。

 

まずは自分がチャレンジすることですね!!

Loading Facebook Comments ...