暦注を気にしますか? 僕のとらえ方。

今日は一粒万倍日でした。

昨日に引き続き、お日柄の話です。

こうして毎日書いてると、よほど好きなんだろうな〜なんて
思われてるかもしれませんが、元々は全く気にしない人でした。

それどころか、若い頃は仏滅に結婚式をすると安いから(笑)
その日を選んでやってもいいかな〜、とまで思っていました。

また必要以上に日柄を気にしたり、囚われている人を見たら
なんだか不自由そうな気がして、好きではありませんでした。

今でも、最優先事項ではなく、参考にして活用させてもらっています。
季節を感じ、お日柄を感じ、流れに委ねて楽しんで選んでいます。

そこで改めてご存知ない方のために
ウイキペディアによると

「一粒万倍」とは、一粒の籾が万倍にも実る稲穂になるという意味である。
一粒万倍日は何事を始めるにも良い日とされ、特に仕事始め、開店、種まき
お金を出すことに吉であるとされる。
借金や人から物を借りることは苦労の種が万倍になるので凶。
一粒万倍日は数が多いことから、他の暦注と重なる場合がある。
吉日と重なったら一粒万倍日の効果が倍増し、凶日と重なったら半減。

昨日の天赦日は、年に5〜6日にしかないのに対して
一粒万倍日は、2016年なんと61回もありました。

週一回以上ですね!
季節に一回とは随分違います。

人は限定とか希少価値のものは大切にするけど
毎日ある当たり前のものは、粗末にしがちです。

まさに有り難さに欠けると、ありがたみがなくなる。
話が逸れましたが、毎週の休日くらいの感覚ですね!
これくらいだと毎週1日のお楽しみくらいです。

毎週意識して、タネを蒔いてみると
人生に花が咲きます。

何も意識せず、タネを蒔かなければ
人生に花は咲きません。

まさに「蒔かぬ種は生えぬ!」です。

今までの人生で蒔いた種が、今花となって咲いていたり
蒔いたものの、水をやらずに枯らせてしまっていたり
逆に水やりすぎで枯らしてしまっていたりします。

皆さんの人生は、どんな種をどこに蒔いて、どう育てましたか?
その結果が今の人生を創っています。

人生にどんな種を蒔いて、どんな花を咲かせたいか?
そんなことを想像しながら、パーソナルセッションを通して
相談者と人生を共に楽しむのが大好きです!

今日もありがとう!!。

変わりたい!でも変わらない。
そんなあなたの人生を展開するパーソナルセッション
人生を共にクリエイトする ライフコーチ 永田和士

Loading Facebook Comments ...