家族の距離感

昨日の続きです!

親子の距離感について
5つのレベルで表現してみました。

1 親子の縁が切れている状態。

2 勘当まではいかないけど、できれば関わりたくない。
もう何年も会っていない、または会うのは数年に一度。

3 普通に接していて、特に問題はなし、会うのは盆と正月。
可もなく不可もなくな感じ。

4 かなり仲が良くお互い大好き。よく共に行動している。
なんでも相談できる、親友のような付き合い。

5 深い信頼で結ばれていて、愛を自由に表現している。
頻繁に会っている、もしくは連絡を取り合っている。

僕の個人的な感覚では、今の日本の現状で行くと

1 2%   2 18%
3 60%  4 18%  5 2%

1と5はもっと少ないかもしれませんが
数字のキリが良い所で、大体のバランスはこんな感じでは
ないでしょうか?

では、なぜ3なんでしょうか?

ぼくは、「このくらいの距離感が一番安全だから!」
と考えます、これは自分の体験とたくさんの人の相談に
乗ってきた経験上の感覚です。

親子だから、血のつながりと育ててくれた恩義はあるけど
あまりプライバシーには踏み込まず、ほどよい距離がある。
ある意味では健康的ですが、よそよそしい感じもあります。

そして、日常ではサザエさん的な暮らしぶりですが
愛と信頼で心から繋がっているかというと
そこまでではない。

ちなみに僕は、社会人になってから20年以上3でした。
5年前に向き合おうとしたら、2になりました。
どうやら必要な出来事が起こるようです(笑)

そして一昨年、また新しい流れが来ました。
すると3に戻ることができました。

それからは、勇気を出していろんな話をしました。
子供の頃の思い出話、わだかまりを伝えました。
して欲しかったのに、してもらえなかったこと
して欲しくなかったけど、言えなかったこと。

時にはお互い感情的になって、良い歳して喧嘩したり
一方的に僕が感情的になったりして、苦しいことも
ありましたが、素直な気持ちを伝えることをしました。

そんなプロセスを経て、現在は4になることができました。
さらに5に向けて毎週電話しています。

千葉のかずばあちゃんでは、そのプロセスをお伝えしています(笑)

3から動かそうとすると、2になるリスクも出ます。
4にいくと、何かの拍子ですぐ2になります。
それなら3でいることが安全!

そんな心理ではないでしょうか?。
みなさんはどう感じますか!。

変わりたい!でも変わらない。
そんなあなたの人生を展開するパーソナルセッション

人生を共にクリエイトする
ライフコーチ 永田和士

Loading Facebook Comments ...