千葉のかずばあちゃん 今日の電話の一コマ!!

今日は、週1回の母との電話です。

面白いボケもたくさんで、とても笑えました!

今までは、会話を楽しむだけでしたが
ブログに書くようになり、ネタ探しも含め楽しめます。

さて今日の会話の一コマを

母 「年寄りは同じ話何回もするけど、別にしてもいいんちがう?」

僕 「同じ話を何回も聞かされるのは、あまり気分よくないな〜」

母 「でも私は、他の年寄りの同じ話をちゃんと聞いてるよ。」

僕 「それでいい気持ちがしてる?」

母 「まあ人の同じ悪口を何回も聞かされるのは、ちょっと嫌やな〜
でも、いいことやったら何度でもいいけどな〜。」

僕 「それは、同じ思い出話を懐かしんでる時だよね!
何度も想い出して懐かしむのと、話を繰り返すのは違うよ」

僕 「あの旅行は本当に楽しかった〜!と時折思い出して話すのと
この間こんなことがあって!と何回も聞かされるのは意味が違うよ!」

母 「なるほど、そうかもしれへんな〜。でも聞くだけやんか〜」

僕 「じゃあ、なんで嫌か?その理由は考えたことある?」

母 「あっ!それはないな〜・・・考えたことなかった。」

僕 「例えば、自分に行ったことを忘れてると、自分のことを
大切にしてもらってない感じがするとか。」

僕 「お母さんにはしっかりして欲しいという期待があると
もうぼけてる感じがして、嫌な気持ちになったり。」

母 「なるほどな〜!そうかもしれへんな〜」

僕 「それからお母さんは、人が同じ話をしても聞いてるよね
自分は聞いてるから、他の人も聞くべきだと思ってない?」

母 「それはあるわ!」

僕 「自分がこうあるべきだと思っていて、人がそれをしないと
悲しかったり、イラッとするんだよね!」

母 「そうやな〜、なるほど!それはわかるわ!!」

僕 「わかってもらえたら嬉しいな!ありがとう!!」

母 「いつもいろんな気づきをありがとう!」

僕 「そもそも同じ話を何回もするのは年寄りだからかな?」

母 「そうやな〜年寄りでもしない人はしないし、若い人でも
する人はするな〜。」

僕 「そうそう、またお母さん決めつけてるよね!」

母 「そうや!私はすぐ決めつけるな〜決めつけたらあかんな〜」

僕 「あかんことないけど(笑)またしたらあかんって言うくせ!」

母 「あっ!また言うてしもた、あかん言うたらあかんな〜。」

僕 「・・・」

こけて立ち上がろうと思ったらますますこけるパターン!
優しく伝えたつもりが、僕が追い込んでしまったようです(笑)

かなり面倒くさい会話ですね(笑)
上から目線の息子に付き合ってくれる母に感謝です!

ライフコーチ
永田和士

Loading Facebook Comments ...